やはりビジョンが最重要

  • 2018.1.3
  • Update 2018.1.3
  •     
  • 考え方

だいぶ前にやっていたトヨタ自動車の創業当時の話、「LEADERS」を見ていたのですが、いやめちゃくちゃ感動してしまいました。
とても大きな会社の黎明期、繊維から自動車に移行したこと、戦後という混乱期。
そんな中でも真摯に、大局を見据えて、日本に必要なものを考えて、日本のための行動をするという…いや、もうこういう話大好き。

それと同時にやはり、人生にも、事業にも、ビジョンが一番重要だと感じた。

そしてそのビジョンには、どんな方面から見ても揺るがないものにすればもう完璧。
あとはそれに殉じればいいんだなと。

僕はやっぱりこのポジションだなぁと思った。
実現したいことたくさんあるし、やりたいこともたくさんある。
それを包括するビジョンもある。

あとはその視点を常に持ち続け、選択をし続ける”強さ”が必要。
時には苦渋の決断もあると思う。
劇中で、佐一郎が人員整理の決断をしたように。
難しいところかもしれないけど、それは必須事項。

やりきろう。
先人達の遺志を、次に繋げるために、この人生を燃やそう。
苦難や絶望すら経験として全てを糧とし、未来を作る希望を見出し続けよう。

そんな決意を改めてした、夜でした。

関連記事

  1. イメージを持つ

  2. 力は自分につけよう

  3. 振り返りと、新たな年

  4. 器の育て方と発信の大切さ

  5. 2018年は明治維新から150年

  6. 死に様は生き様

  7. 他人や周りに迎合するのはやめよう

  8. 悩みや問題の解消法「常に、シンプルに」

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ