感情は石油、理性はレール

ビジネスでも、投資でも、人間関係でも、理性で思考するって本当に大事。感情に左右されたら負けだよ。

と言うのを本当に最近感じて。
と言うのは、最近自分の仕事で心荒れ狂う時がちょいちょいあります。僕は、見た目穏やか風なだけで内心感情豊かで感受性高いんですよ(笑)
そういう自分の特性は分かっているので、コントロールする術はここ数年で結構身に付けて、実際制御することができるようになっていたんですが、まぁ荒れる時はやはり荒れますね。
不思議と、そう言う状態で何かを行うと、やーっぱりうまくいかないんですよね。
これってあなたにもあると思うんです。
厄介ですよね、これって。下手に感情出せば状況悪くするだけだし、我慢してもイライラが募って別なとこに悪い影響与えてしまうし。悪循環にしかなりません。

というわけでそういう状態になった時の対処法と、そもそもそうならない対処法を考えてみました。
まず、そうなってしまった時。
感情的になっているということはつまり、視野が極端に狭くなっているんですよ。だから思考も浅はかになる。つまり、自分自身を第三者視点で見れなくなっているんですね。
だからまずは、落ち着くために全然違うことをやりましょう。もちろん、状況状態によってはそれができない場合あるでしょうけど、そこは想像で補いましょう。笑えることでも、嬉しいことでも、芸人の芸でも思い出して笑うんです。大概笑えば、いい感じのマインドに戻ります。とにかく一度、問題から意識を離して、思考をリセットし、第三者視点を取り戻すことに専念する。感情に左右されて物事を為すのが一番ダメ。

行動する上で、感情は石油、理性はレール。

石油ぶちまけたら燃えるでしょ(笑)
最初は難しいかもしれませんが、何度かやってみるとすぐ戻せるようになります。
戻してしまえば、あとはいつもの通りにやっていけばいいのです。

次に、そもそもそうならない対処法。
これは簡単です。物事に寄りますけど、最初の時に次善策を考えて用意しておけばいいのです。特に仕事ではね。
もう、とにかく、臆病なんじゃないかってくらい次善策を用意するんです。そうすれば相当なことがない限り、問題が表面化して酷いことにはなりません。
僕はちょっとこの辺が甘かったんで、後手に回ってしまったのが今回の原因ですね。
二度とやらないし、起こしません。

生きてくって、仕事するって、失敗は付き物なんです。
でもそれを活かして、次への糧にするのが、やり遂げる人。
あなたの理想の人は、そういう風に行動しませんか?
理想の人がする行動を想像して真似してみるのが一番の早道です。

僕も日々精進。

最新情報をチェックしよう!