悩みや問題の解消法「常に、シンプルに」

  • 2017.11.25
  • Update 2017.11.25
  •     
  • 考え方

頭の中がゴチャッてなる時ってありませんか?
自分調整法を見つけよう」でも話しましたが、いろいろなことをやらなければいけなかったり、悩みが増えて頭がいっぱいになってしまうことってありますよね。
僕にもあって、特に2017年の初頭なんて大変でした。
もう真っ暗な洞窟の中にいるみたいで、どーしようって状態。

今日はそんな時のコツを話していきましょう。

大体悩みが多すぎて頭がこんがらがってるような時というのは、あっちもこっちも解決しようとしてパニックになっている状態なんですよ。
そんな時は悩みの「自分調整法を見つけよう」でも挙げた僕の解消法を試してみてほしいんですが、もう一つコツがありまして、それが根源を捉えるということです。

どういうことかというと、今のあなたの頭の中は、糸ががんじがらめになっているような状態なので、一本大きな糸を見つけ出すようなイメージですね。
優先順位をつけることも大事なんですが、この「一本大きな糸を見つけ出す」、「根元を捉える」ことはそれより大事です。これを見つけることで、優先順位もつけやすくなるし、自ずと優先順位も見えてきます。

例えをいくつか挙げてみましょう。
経済状態なのであれば、そもそもそれをもたらしたのは一体なんなのか?
仕事上のことなのであれば、そういった状況になってしまったのはなぜか?人間関係?スケジューリング?スキルの足りなさ?

この時、自分が最終的にその問題をどうしたいのか、を決めておくと、根元が見つかりやすいです。

僕はこの方法で、2017年初頭、悩みを解決しました。
とはいっても問題が大きすぎて実際はまだ解決進行中って感じではあるのですが。
冒頭に洞窟のイメージで話をしましたが、周りが真っ暗でなにも分からないので、一つずつ確認していったわけです。

自分が立っているのか、手はあるか、立っている場所の材質は何か、手の感覚はあるか、周りは何かetc….

そのように一つ一つ見ていた結果、問題の根元が見えてきました。先の光が見えてきたわけですね。
これは結構重要で、根元を見つけて優先順位も決まってくると、解決した気分になってくるんですよ。
この気分になったら勝ちです。あとは実際行動していくだけなので。

なんでもシンプル・イズ・ベストです。
常にシンプル。
事象は一つ。
それを複雑にしてしまっているのは自分自身なだけなのです。

関連記事

  1. 他人や周りに迎合するのはやめよう

  2. 力は自分につけよう

  3. 人の目を気にする原因と解消法

  4. 2018年は明治維新から150年

  5. やらかした…

  6. 矛先は常に自分

  7. 「安定」を求めちゃいけない

  8. 夢を語ることから。まずはそこからだ。

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ