恐怖心が出ている時の特徴

  • 2018.1.14
  • Update 2018.1.14
  •     
  • 考え方

昨日「安定」を求めちゃいけないという記事を書きました。
詳しくは読んで欲しいんだけど、今日はそれに関連して「なぜ怖くて動けないか」について。

結論から言うと、「行動していないから恐怖がある」んだよね。

アドラー的に言うと、行動したくないから恐怖心を作り出しているんです。
逆説的ですけど、だから行動している人には迷いがないし、恐怖もないですよね。それ故にどんどん新しいことに挑戦していけるから、何もやっていない人やリスクを取っていない人との差がものすごく開いていく。
そして結果を最大化しようと思うんなら、必要なリスクは積極的に取っていく。リスクはレバレッジなので、リスクが大きければ大きい程、リターンも大きくなってくる。
もちろん、闇雲に取っても破滅するだけなのでちゃんとROIを意識してリスクを取らないといけませんけどね。

だから、何かを変えれる人間は、

行動していない人 < (超えられない壁) < リスクを取っている人 < リスクを積極的に取っている人

となるわけです。
努力をした人やリスクを取った人全員が成功したわけではないし、何かを変えることができたわけじゃないんです。
しかし、成功した人間や何かを変えることができた人間は総じて、努力もしているし、リスクも取っているんです。

だから、もしあなたが現状を抜け出したいと思うなら、小さなことから挑戦していきましょう。少しずつでも「行動する」ことに慣れれば現状は、どんどん「動ける体」になっていきますから。

関連記事

  1. イメージを持つ

  2. 信用経済社会とメディアの再定義

  3. 年末年始な感じがしない理由

  4. やらかした…

  5. 他人や周りに迎合するのはやめよう

  6. 質問しまくれ

  7. 多様性の社会で大事な、たったひとつのこと

  8. 矛先は常に自分

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ