言霊って大事〜自信がわかない人はやってみよう〜

なんでそんなに自信あるの?ってよく聞かれます。
行動してきたからその過程で自信ってついたのですが、今回はその自信の付け方のコツを話してみようかと。

自己暗示という言葉があります。
人間って不思議なもので、言葉の影響をすごく受けるんですよね。
あなたにもその時々の気分によるでしょうが、この言葉を言われたら安心するとか、逆にこの言葉を言われたらムカつくとかってあると思います。子供の時に言われて傷ついた言葉があってそれが今でも残ってしまっているとか。

それくらい言葉が人に与える影響って計り知れないんですよね。

大戦中の実験

ゲシュタルト崩壊というものがあります。
「あ」という言葉を長い時間見ていると、その「あ」が変な風に見えてくるあの現象です。
あれと同じことを大戦中、ナチスドイツがやったそうです。
どうやったかというと、ユダヤ人に人格をコントロールする名目で、一日数回鏡に映った自分に向かって「お前は誰だ?」と聞かせ続けたそうです。そしてそれをしている間の精神の変化を記録していくという。
結果、最初の数日では大した変化はありませんでしたが、10日経ったくらいで変調をきたしはじめ、3ヶ月経ったことには自我崩壊に至ったそうです…。

それくらい言葉が与える影響って強いんです。
発した言葉は自分が一番よく聞いていると言われるくらいですからね。
上記のことはやっちゃダメですよ、絶対。

逆のことをする

それくらい言葉って影響を与えるわけです。
でもそうすると、逆にやったら良いと思いませんか?

そう、鏡に映った自分に対して、プラスの言葉を投げかけてあげるんです、毎朝でも。
例えば、「大丈夫、あなたならできる」や「あなたは綺麗だよ」とか。

まぁ、はたから見たら気持ち悪い絵図ですが(笑)
一人暮らしなら大丈夫でしょう!誰かと一緒に住んでる方は、事前に言っておいた方がいいかもしれません(笑)
でもそれを3ヶ月、半年とやってみてください。

気持ちにとてつもない変化が現れるはずです。
そして気持ちに変化が現れると、それが現実にも影響を及ぼしてきます。

そう、情報世界の自分に言霊で影響を与えて書き換え、その結果が物理空間たる現実に表出するわけです。
結構手軽な方法なので是非試してみてください。
特に今の自分に自信が持てない方はおすすめです。自己否定しちゃダメですよ。心も空っぽに、がポイントです。

最新情報をチェックしよう!