未来を思い描く時間を作ろう

  • 2017.11.28
  • Update 2017.12.11
  •     
  • 考え方

日々毎日の仕事に忙殺されていませんか?
僕は昨日の明け方、久しぶりに家の周りを30〜40分散歩をしました。
理由は簡単で、ちょっと煮詰まったから。
家やオフィスでひたすらに作業したり、プランニングしたりって大事なんだけど、煮詰る時ってやっぱり煮詰まってしまう。
特に僕の場合、ほぼ一人でいろいろな業務を廻しているので、余計だったりするんです。
そんな状態だったので、明け方の冷たい風を浴びながら、公園や住宅街を散歩した。
「あたりめ」を食べながら(笑)
そうすると不思議なことに、最初は結構仕事のことで頭が占有されてしまうんだけど、それをどういう風に持っていきたいか?という形で自分で仕事に関して、深掘りをしていくと、未来に思いを馳せる様になるんです。
そうすると、どんどん自分が未来をどう作っていきたいか?、そこでの自分の役割は?、とかが映像で鮮明に浮かんでくるようになるんです。
ここまでくるとあとは面白いくらいにいろいろなアイディアが湧いてきます。そのアイディア達は今すぐ形にできるようなものではないけれど、でも形にしてやりたいと思います。

僕も久しくやっていなかったんですが、この時間ってすごく大切な時間だなぁって思いました。
”現在”は”未来”を形作っているわけで、未来を具体的に思い描ければ、今やることって自ずと決まってくるんですよね。それに単純に気持ち的にワクワクしませんか?
このワクワクの気持ちが僕にとってすごい重要で、仕事を為す上ですごい力に変わるんですよね。だから、今の仕事のパフォーマンスもとても上がる。”現在”を全力で走ることができるようになるんです。

もし、今あなたが日々の仕事に忙殺されてしまっているようであれば、”未来”を思い描く時間を作ってみるのは非常に有用性がありますよ。

関連記事

  1. 「書く」ことの重要性

  2. 本質を捉える

  3. ”時給をもらう”ということは”稼ぐこと”ではない

  4. マジで日本の企業終わってる

  5. 振り返りと、新たな年

  6. 2018年は明治維新から150年

  7. 力は自分につけよう

  8. 言霊って大事〜自信がわかない人はやってみよう〜

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ