マイナー仮想通貨SHIELD (XSH)が暴騰してた

ズドーン!
ぶっちゃけ買ったことすら忘れかけていたけど、ふと思い出したので見てみたらこれですよ。草コインってすごいですね。
僕が買ったのが12月中旬くらいなので、ざっと40倍くらいか?
このSHIELD(XSH)って面白くて、耐量子性アルゴリズムを実装する予定を既に示している仮想通貨なんですよ。耐量子性ってのは、量子コンピューター対策ですね。
量子コンピューターは既存のコンピューターと違い、計算速度が段違いに早いですから、下手をすれば既存の仮想通貨のセキュリティを突破される恐れがあるということで、実装予定のものです。

少し解説していきましょう。

SHIELD(XSH)とは

名称:SHIELD
単位:XSH
ブロックタイム:45秒
発行枚数:6億6千枚
承認方式:PoW(将来的にPoSに移行予定)
ホワイトペーパー:英語版 https://shieldcurrency.com/SHIELD.docx.pdf
日本語版 https://www.shieldcurrency.com/SHIELD%20WP%20JAPANESE%20VERSION.pdf
公式サイト:http://shieldcurrency.com
*プレマイン、ICOなし

プレマインとは?
プレマインというのは仮想通貨が公開される前に開発者があらかじめマイニング・保有すること。
開発者の報酬や資金作りのために行われますが批判されることも。

このSHIELDは、Verge(XVG)を基に作られた仮想通貨です。
とても活発に開発が行われており、将来が楽しみな通貨です。


特徴

特徴をサクッと挙げると以下の通りです。

完全な匿名性

SHIELDは、DashやVergeと同様に匿名通貨です。
Bitcoinはビットコインアドレスを一見見ただけでも個人情報は分かりませんが、取引所内ではそれが紐付いており分かってしまいます。
匿名機能を持つ通貨の場合、その仮想通貨のアドレスを秘匿したり、他の送金とミキシングすることで第三者に送金履歴が分からないようにします。

匿名というのは結構諸刃の件ではありますが、何に通貨を使っているか知られたくない人もいますからね。マネロンとか犯罪の温床の懸念があるのでその辺りをどう解決するか…どうしてもその辺りが出てきてしまいますからね。
それを理由に国から規制されたりってありますし。

SNS上での”通貨”を目指す

モナコインやBitZenyのようにSNS上でやり取りできる通過となるシステムですね。
SHIELDは現存する全てのSNSに対応することを計画しています。

スマートコントラクト実装予定

スマートコントラクトというのはネットワーク上の取引履歴に契約情報も載せることができるシステムですね。イーサリアムと同じです。

取引の高速化

Dashと同じく、「高速送金機能」と「マスターノード」に対応する予定です。
このマスターノードというのは、指定のウォレットに指定の枚数を入れておくと「報酬を受け取ることができる」仕組みのことになります。

量子コンピューター対策

ぶっちゃけ僕はこれだけに**惹かれて買った**と言っても過言ではありません。
既存の仮想通貨は、量子コンピューター対策が為されていませんし、対策を施す発表もありません。もちろん将来的に施す可能性は十分にありますが、明言しているのは僕の知っている限り、SHIELDのみです。

量子コンピュータというのは既存のコンピュータとは違い、演算速度のスピードが文字通り次元が違います。そのため仮想通貨の暗号化技術を突破される恐れがあるので、量子対策は仮想通貨には必須になってくるのです。

コミュニティの活動も活発

通貨の本質は、コミュニティ化になります。
昔、知ってか知らずか国民総動員で日本円の価値を上げて行ったように仮想通貨では、FXとかとは違い、その通貨の成長を楽しめるのも一つのポイントですよね。

機能面も大事ですが、コミュニティ活動が活発だと、その仮想通貨の将来性も高いですよね。


SHIELDの買い方

マイナーな取引所でしか取り扱いがありません。
ちなみに僕は、Stocks.Exchangeで買いました。

英語ベースではありますが、登録は非常に簡単でメールアドレスさえあればできてしまうので興味ある方はやってみてください。
どうやら噂ではBINANCEなどにも上場申請中らしいです。


まとめ

最後にSHIELDの特徴をまとめてみると、

  • Vergeの機能(複数アルゴリズムと匿名機能)
  • Dashの機能(マスターノードと高速取引)
  • Ethereumの機能(スマートコントラクトとPoS Casper/Boo)
  • 量子耐性

といったことが挙げられます。
特徴もさることながら、やはり通貨として明確なビジョンがある点がやはり好印象。
成長が楽しみな仮想通貨ですね!

関連記事

  1. BitcoinX(BCX)とは?

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ