イーサリアム・クラシックとは?分かりやすく解説!

イーサリアムは多くの仮想通貨でも時価総額2位を誇る人気の仮想通貨ですよね。ビットコインの欠点を補っており、とても実用的とも言える仮想通貨です。
そして、同じような仮想通貨として、イーサリアム・クラシックというものがあります。
今回はそのイーサリアム・クラシックについて見て行きましょう。

イーサリアム・クラシックとは

イーサリアム・クラシックは簡単に言えば、イーサリアムからハードフォークによって分裂した仮想通貨です。元々は一つの仮想通貨だったんですね。基本はイーサリアムをベースとしているため、両者にさしてシステム的な大きな差はありません。

 

誕生経緯

イーサリアム・クラシックが生まれた経緯として、「The DAO事件」という事件がありました。これはイーサリアムを利用したプロジェクトにThe DAOというものがあり、そのプロジェクトの際にシステムの脆弱性をついたハッキング被害に遭い、当時の金額で65億円相当のイーサリアムが不正送金されたという事件です。

この時、イーサリアムの開発チームはハードフォークを行い、「不正送金が行われる前の状態に戻すという手段」を取ることによって解決を図りました。結果、不正送金は無効化されることとなりました。

しかし、この時に開発側の意見が真っ二つに分かれていたのです。
そのもう一方の意見というのが、「ハードフォークを行い不正送金を無効化するということは、半永久的に書き換えることのできないブロックチェーンの根幹を揺るがすことであり、中央集権的な対応である」という意見です。これは、通常のシステム的改善を図る目的のハードフォークではなく、時間を巻き戻すハードフォークであったためにこの反発を呼びました。
そうです、ハッキングは当時のシステムの脆弱性をついて行われたもので、その脆弱性だけを改善すればいいのです。
しかし、このハードフォークではそれだけでなく、不正送金そのものを無効化するという過去改竄を行うことを意味しており、それはブロックチェーンのソースコードを書き換えるということ。反対側はこれを嫌ったのですね。

結果的に、開発側の90%が賛成したため実行されましたが、その意見に反発した一部メンバーが離脱し作成したのが、イーサリアム・クラシックなのです。

 

イーサリアム・クラシックの信念

つまり、イーサリアム・クラシックは非中央集権的な要素を重要視しており、最初に設定したソースコードは何があっても変えるべきではないという、「Code is Law」の信念によって作成されたのです。
つまりイーサリアムとイーサリアム・クラシックの違いは、信念の違いです。

イーサリアム:Community is Law(コミュニティの賛成多数による合意形成を重視)
イーサリアム・クラシック:Code is Law(コードを尊重した合意形成を重視)

ということです。
それ以外にシステム的な大きな差はありません。
もちろん、今後ハードフォークによって差異が生まれてくるとは思います。イーサリアム・クラシックは独自の進化を遂げるでしょう。

 

イーサリアムとの価格差

それではなぜ、イーサリアムとイーサリアム・クラシックには大きな価格差があるのか?(2017年12月現在、約16倍の差)
これは単純に組織の規模の差です。

イーサリアムは組織的に技術者と資金量が圧倒的に多く、ロシアとの提携やMicrosoftとの提携など、好材料な情報も多いです。
それに対し、イーサリアム・クラシック側は、技術者・資金共に不安な部分が多いのは否めません。
マイナー側もその辺を心配して、イーサリアムの方を積極的にマイニングしていることに寄ります

 

まとめ

僕はこのような話が大好物です。
はい、買い増し決定です。
まぁ、それはさておいて……とても難しい問題ではありますよね。
コミュニティの賛成多数による合意形成を重視するのか、あくまでコードを尊重した合意形成を重視するのか。

しかし、機能的な面と信念的なところを考えると、僕は今の価格差は大きすぎるなぁという感想です。そして単純に僕はこの信念を貫くという姿勢に好感を覚えます。

というわけで僕は応援決定です。

イーサリアム・クラシックを買う方は手数料が安価なBINANCEがオススメ!!

 

追記

2017年12月12日にハードフォークが行われるようで、変更点は次の2点のようです。

発行枚数の上限設定

2億1000万枚予定。最大値2億3000万枚。

ブロック報酬の減少

5,000,000ブロック作成される毎に20%ずつ減額、更にアンクルブロック作成に対しての報酬も減額)

アンクルというのは、イーサリアムネットワーク上で二人のマイナーが同時にブロックを承認するという現象のことです。これはビットコインでも起きる現象で、ビットコインではオーファンといいます。
そしてそれが起きた場合、一方のブロックが不適正とみなされるまで、一定時間共存することになります。一方のブロックが不適正とみなされた後、そこから派生したチェーンも連鎖的に不適正となり、無効になります。この不適正とみなされたブロックがアンクルブロックです。
アンクルブロックから始まるブロックチェーンにもマイニングにも報酬を払っており、これの減額ということですね。

追記まとめ

個人的には、イーサリアムにはない発行枚数の上限設定は好材料で、これは市場にも好材料と受け止められているようです。
発行枚数に上限が決められているということで、資産価値が増しますからね。
長期的に見ても良い影響を与えると思います。

イーサリアム・クラシックを買う方は手数料が安価なBINANCEがオススメ!!

関連記事

  1. 【2018年の目玉】Bitcoin Cash(BCH)とは?

  2. 【まとめ】イーサリアムとは?わかりやすく解説!

  3. Ripple (XRP)とは?国際送金に特化!

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ