【各国の動き】ロシアの仮想通貨規制法が公開

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアム(ETH)を産んだロシア。
そんなロシアの、とても綺麗なロシアンOLさん(@crypto_russia)がロシアの仮想通貨新法を和訳してくれたので是非一読を!

英語はまだいけてもロシア語はお手上げなので、この方の情報はとても貴重。
こんな風に世界の人達とも繋がれるのも、魅力の内だよね。

サクッと見てみると、

「仮想通貨やトークンは財産(デジタル金融資産)として認めるけれど、ロシア連邦の領土における法的支払い手段ではない」

というところが肝。
この法的支払い手段ではない、ということがどういうことなのか?
日本は決済手段としての通貨として認めているけれど、ロシアでは法的にはそれが認められないわけで。
じゃぁ何だろ?例えば、不動産とかと同じ扱いということかな?財産的価値があるけれど、通貨ではないという意味で。

この辺りが実際どう解釈されるのか。
実際的にどうなっていくのかが気になるところ。

まぁ一つ言えるのは国のキツめの規制報道ばかりだったのが、条件付きとはいえ認める例が出て良かったね。

25日:ロシア連邦財務省が仮想通貨売買等の規制法案を公開

関連記事

  1. 仮想通貨、次回G20で規制なるか?

  2. 仮想通貨市場に対する世界各国の規制動向と今年の投資戦略

  3. イーサリアム(ETH)急騰中!

  4. イーサリアム教に入ることを決める

  5. イーサリアムがついに10万円の大台突破!

  6. NEMのセキュリティ、マルチシグとは?coincheck騒動を受けて

  7. Weiss格付け発表!そして見解

  8. 【2018年2月】2月頭から大暴落!原因分析、仮想通貨市場は大丈夫?

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ