2018年注目!分散型取引所(DEX)を使ってみよう

おそらくこれから、特に2018年メジャーになってくるであろう「分散型取引所(通称:DEX)」。
取引所で特に有名なのが、bitFlyerやZaif、coincheckですね。おそらくほとんど誰しも一つは作っているかと思いますが、これらは中央管理者のいる中央集権型取引所と呼ばれます。bitFlyerにはbitFlyer社、Zaifはテックビューロ社のように。

分散型取引所にはこういった管理会社が存在しません。
つまり、非中央集権型取引所なのです。

 

中央集権型取引所のリスク

仮想通貨界隈にいる人なら、Mt.Gox社の話は聞いたことがあると思います。
通称Gox事件ですね。当時世界最大の取引所だったMt.Gox社から、BTCが損失し、結果破産に至った事例ですね。
これがなぜこうなったかといえば、中央集権型取引所を使用する場合、自分のウォレットの「秘密鍵」を取引所が管理する状態になるわけです。

秘密鍵についてはコチラ

その場合、その取引所が外部からハッキングを受けて仮想通貨の盗難にあってしまったり、なんらかの要因で取引所での取引ができなくなってしまった場合など、自分の資産を引き出せなくなってしまうというリスクがあります。

その他にも、サーバー遅延や手数料、国からの規制など様々なリスクが存在します。
今までは大規模サーバーを個人で運営するのは難しく、売り買いのことも考えるとそうしたリスクがあったとしても中央集権型取引所に預けておくメリットはありました。
しかし、仮想通貨と共に有名になった分散型/ブロックチェーンという概念がこれを覆すに至ります。

分散型取引所のメリット

分散型取引所はその名の通り、非中央集権型の取引所でブロックチェーン上で管理されています。そのため、ハッキングされる可能性は低く、システムダウンや倒産などの心配もありません。つまりセキュリティ上は中央集権型取引所よりも堅牢であると言えます。

そして一番の特徴は、秘密鍵を自分で管理することができるという点です。
これにより、自分の不手際以外の要因で自分の資産を喪失するということはなくなります。

リスク管理という点から見ると中央集権型取引所よりも圧倒的に優れていると言われるのが分散型取引所ということですね。

分散型取引所のデメリット

しかし、現状ではまだデメリットもあります。
これは特に取引の面での話ですが、分散型取引所での取引は一つ一つの取引をブロックチェーン上で管理しているため、いちいちデータの書き換えを行う必要があります。そのため手数料が割高になってしまいます。
この点中央集権型取引所の場合、その取引はオフチェーン(ブロックチェーン上ではない)であるため、手数料は中央集権型取引所の定めた手数料のみしか掛かりません。

また、ブロックチェーン上には存在しない円やドルなどの法定通貨の取扱いもありませんし、取引ペアも分散型取引所の通貨を基軸通貨としたものがほとんどなので、利用には他の取引所で事前に入手する必要があります。
そして現状新興取引所であるためユーザー数が少なく、売買注文の手数料も割高ということもあり、板取引があまり活発でもありません。

しかし、こうした点は技術進歩により解決できる事案でありますし、今後注目され出来高も増えてくれば取引ペアも増加すると考えられるため、遠くない将来には分散型取引所での取引がメジャーとなってくると考えられます。

主な分散型取引所

CryptoBridge
比較的メジャーかな。なかなか初めて見るような仮想通貨が揃っています。
しかし国産のBitZeny(ZNY)やイチオシのSHIELD(XSH)、XPがあったりします。

Etherdelta
イーサリアムプラットフォームを採用している取引所です。
つまり、イーサリアムブロックチェーン上に載っているトークンはここで全て取引可能です。基軸通貨はETH。

Waves Lite Client
Wavesを仲介させることで円→ドル(例:円→Waves→ドル)のような法定通貨交換もできる取引所。XRPと違うのは、XRPは実際の取引は銀行ですが、Wavesの場合はWAVESプラットフォーム上で全て決定され、WAVESブロックチェーン上に記録されるという点です。
また独自トークンも発行できたり、将来的にはスマートコントラクト機能やメッセージ機能、クラウドストレージ機能の実装も予定されている期待の分散型取引所です。

Openledger
世界初の分散型取引所。BitShares(BTS)プラットフォームを採用している取引所です。そのため、BTSブロックチェーン上の通貨の売買が可能となっています。
そしてBTSということで有名なのがSmartCoin。これは、BTSが価値の担保となっている価格連動型のコインで、BTCやETHと価格が連動したbitBTCやbitETH、法定通貨と価格が連動したのbitJPYやbitUSDなどが売買できます。

関連記事

  1. 仮想通貨のAirdropとは?仮想通貨がタダで貰える仕組み!

  2. ブロックチェーンセキュリティの根幹「電子署名」の技術

  3. 仮想通貨に大事な「電子署名」を小学生にも分かりやすく解説!

  4. 仮想通貨が分裂する!?「フォーク」ってなに?

  5. (図解)「仮想通貨」について分かりやすく解説してみた

  6. ビットコインとブロックチェーン技術を分かりやすく図解!

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ