ブロックチェーンセキュリティの根幹「電子署名」の技術

今回は、ビットコインやブロックチェーンを調べているとよく聞く「電子署名」について見ていきたいと思います。
電子署名はビットコインをはじめとしたブロックチェーン技術のセキュリティ部分を支えている根幹ともいえる技術なので、仮想通貨を扱う際、必須の知識といってもいいものです。

電子署名とは

電子署名は、紙の契約書にサインをするような役割を担っています。
サインの役割は
1.その人がサインしたことの証明
2.他の契約書に代替できず、その契約書のみ有効
というものがあります。

電子署名も、この2種類の特性を満たすために存在しており、そのために使われるのが、「秘密鍵」と「公開鍵」です。

秘密鍵

秘密鍵は、非常に重要なものです。
絶対に他人に知られてはいけないもので、譲渡などもってのほかのものになります。
そのウォレット内の仮想通貨が「自分の所有である」ということを示す唯一の証明ともいえるものなので、厳重に管理してください。

イメージ的には、キャッシュカードの暗証番号や家の金庫の鍵のようなものです。
そういうイメージを持つと、重要性が分かりますよね。
秘密鍵はランダムな変数で生成されるので、一人何個でも作ることができます。
この秘密鍵を使い、公開鍵が作成されます。

公開鍵

公開鍵は秘密鍵を通して、生成されます。
”公開”という名の通り、ネットワーク上に公開されている鍵であり、知られても大丈夫なものです。
この公開鍵を使い、アドレスを作成します。

アドレス

公開鍵を通して、生成されたものが「アドレス」です。
ビットコインで言えば、「ビットコインアドレス」ですね。
イメージ的にいうと、銀行口座の口座番号のようなものです。アドレスを他者に教えて仮想通貨の受け取りを行います。
公開鍵からいくつでも作ることができ、例え100万個でも問題はありません。

電子署名の仕組み


上図は、電子署名をするまでの全体像を図解したものです。

ビットコインなどの「アドレス」は「公開鍵」をハッシュ関数に通して生成されます。そして「秘密鍵」によって、署名を行います。
この流れで電子署名を行うことにより、
・送金したのは署名者であり、他者ではないこと。
・送金の途中で、他者に署名を改竄されて書き換えられていないこと。
・送金者は送金の結果を後になって否認できないこと。

この3点を担保することになります。
秘密鍵は重要な理由は、送金の際の署名に使用しているからですね。
秘密鍵は「自分である」ということを証明する唯一の情報であるので、重要だということです。

まとめ

取引所やウォレットサービスを使用していると、実際に秘密鍵に触れたりすることや電子署名を行っているという実感はわかないと思いますが、この辺りの仕組みを知っておくだけで、電子署名についてや「秘密鍵」についての重要性の認識も高まります。
そういった意味で電子署名の仕組みを理解しておくことは有用といえるでしょう。

 

エックスサーバー

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!