(図解)「仮想通貨」について分かりやすく解説してみた

何かと話題の仮想通貨。
近日中にはビットコイン100万円突破しそうですね!
僕も数年前から存在は知っていて、今年に入ってからウォッチし始めた仮想通貨について、今日は改めて「仮想通貨ってそもそもどういうもの?」といった点から初心者の人にも分かりやすく説明していきます!

そもそも仮想通貨って?

仮想通貨と巷では呼ばれていますが、英語名だと「Crypto Currency」と言います。
Crypto=暗号。 Currency=通貨と言う意味で、そのまま訳すと、「暗号通貨」となります。つまり、仮想通貨=暗号通貨なわけです。仮想通貨はあくまで日本でそう呼ばれているだけで、海外では暗号通貨と呼ばれているそうです。
だから暗号通貨と呼ばなければいけないのかと言うとそういうわけでなく、日常的にはさして差異はありません。暗号通貨とも呼ぶんだなー程度の認識で大丈夫です。
日本の法律でも、仮想通貨と定義されていますしね。

そして、日本の法律においての仮想通貨の定義として言えば、

【仮想通貨の定義】
資金決済に関する法律 第二条 5
この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

[https://bitflyer.jp/ja-jp/virtual-currency-act]

とあります。
要するに、「インターネットを通じて不特定の者と物品やサービスの代価として扱うことができ、中央銀行などの発行主体が存在しない通貨。そしてそれは特定の取引所を通して法定通貨(円・ドル・ユーロ・人民元など)に交換することができる。」ということですね。
現在、仮想通貨の種類は、1300種類を超えています。
その種類に興味ある方は「Cryptocurrency Market Capitalizations」を見てみてください。

法定通貨や電子マネーと仮想通貨の違い


法定通貨と仮想通貨の違いはよく聞かれるので、図で分かりやすくまとめてみました。

法定通貨と仮想通貨の違いですが、一番の差は、発行元(中央銀行など)が存在しない点です。
法定通貨(円・ドル・ユーロなど)は、基本的に政府の統括する中央銀行が発行しており(アメリカのFRBのみ違いますが、それはまた別の機会に)、それが各銀行に回って、市場に流れています。つまり中央銀行は、銀行の銀行という存在になります。

図で示されている通り、法定通貨と仮想通貨は全くの別物です。
この図では法定通貨も仮想通貨も通貨ではあるので、混乱を避けるために、お金を再定義して、価値の変換物=お金とします。
そしてこのお金の裏にあるものは、信用です。例えば、1万円の原価は22.2円と言われており、このことは誰しも一度はどこかで聞いたことのある話だと思います。
この原価22.2円の紙を1万円足らしめているのは何かというと、「日本政府への信用」になるわけですね。この政府への信用が、1万円を1万円足らしめている正体です。そして、それを人々が信用しているため、1万円を1万円の価値とできているわけです。
この辺の話は、お金の歴史で語りましょう。

つまり、価値の変換物=お金の正体は、信用になるわけです。
その価値の変換物=お金にはいくつか種類があります。
まずは、一番馴染み深いのが、円やドル、ユーロなど各国政府が発行している「法定通貨」です。さらにそれをIT技術で使いやすくしたものが、SuicaやPASMOなどの電子マネーだったり、法定通貨とみなして使うことのできる企業の発行するポイント(マイレージ、Tポイントなど)となります。これらは「代替通貨」と言えますね。たまに電子マネーと仮想通貨を混同する方がいますが、全然全く別物ということですね。
次に、世界にはこういった法定通貨や代替通貨以外にも、お金として扱える信用に値するものがあります。それが金や銀、プラチナなどの「貴金属」です。地球上に、その総量が少なく希少と言われている金属ですね。古来から価値の高いものとして扱われています。
そして、近年誕生したのが、「仮想通貨」です。
仮想通貨には二つの特徴があります、一つが先ほど挙げた発行元足る中央銀行が存在しない点、そして二つ目が紙幣や硬貨などのリアルのお金がない点です。故に、
全てインターネット上の”仮想”空間で使用されます。
仮想通貨にはビットコインとそれ以外のコインとに分けられ、ビットコイン以外のコインをアルトコインと呼びます。アルトは代替を意味、ビットコインの存在感がここからも分かりますね。その二つが仮想通貨と呼ばれる通貨です。
仮想通貨市場は現在22兆円(2017年11月現在)を超えており、その内、約60%をビットコインが占めています。アルトコインが残りの約40%をそれぞれ凌ぎを削り合って、陣地取り合っている状態ですね。とは言っても、時価総額が高いのはイーサリアムやリップルなど決まってきてはいます。

細かいものを挙げたら他にも価値の変換物=お金はあります。というかキリがないでしょう。企業が発行している株もそうですからね。そのため、図ではこの3種類に絞りました。これらが法定通貨を通してゆる〜く繋がっているというイメージです。
近い将来、仮想通貨で法定通貨が買えるように、直接、貴金属を買えるようになるでしょうね。
気づいた方も多いと思いますが、仮想通貨は国を主体としていないので、国際通貨でもあります。
旅行でアメリカに行ってもドルに変えず、仮想通貨で決済できるわけです。エクスチェンジ手数料も取られないし、これは便利!!

まとめ

仮想通貨全体としてはこのようなところかなと思います。
というか、仮想通貨の共通の特徴って、
・送金手数料が安く、送金が早い国際通貨
・発行元がないため、国の経済状態に左右されない
・逆をいえば、何かあっても責任を取る機関はない

くらいな気がする。
あとは、各仮想通貨毎にそれぞれ特徴があるので、それは個別ページで紹介していきたいと思います!

 

初心者オススメの仮想通貨取引所は手数料も安価で、積立投資もあるZaif

最新情報をチェックしよう!