仮想通貨のAirdropとは?仮想通貨がタダで貰える仕組み!

SHIELD(XSH)も始まる様子。
このAirdrop、何かと言うと「仮想通貨がタダで貰える仕組み」です。

は??

って思うかもしれませんが、本当なんですよ(笑)
いくつか事例を紹介しましょう。今までに何度か行われています。

これはOmiseGoですね。
イーサリアムを持っている人に対して無料でOmiseGoを配るという。

あとSTELLARもですね。

Allchaincoinとやらも。
結構いろいろな仮想通貨で行われているようです。
NEOって仮想通貨を持っているとGASがもらえたりもします。
これもAirdropといえばAirdropなのかな?

条件は仮想通貨によって変わりますね。
上記のOmiseGoなんかはイーサリアムを持っていれば配布されるようですし。
これはOmiseGoがイーサリアムプラットフォームを利用しているトークンだからですね。共同コミュニティ。ちなみにこれ、日本人が作ったものです。

 

Airdropをするのはなぜ?

バイラルマーケティングの一種でしょうね。
発行者側は無料配布することで、「仮想通貨としての認知度向上、保有者増加」が見込めます。
Airdropするよー!ってことでその仮想通貨の保有者増えそうですし。

 

相場への影響

Airdrop直前は価格は上がる傾向にあるようですが、その後下がることが多い印象です。これはAirdropの条件に寄るっぽいです。
これは投機目的でその仮想通貨を購入した人でしょうね…。逆にイーサリアムを条件としたOmiseGoは価格変動はそんなになかったっぽい?
SHIELD(XSH)のAirdrop参加するのでその時傾向見てみよう。

 

Airdropには詐欺もアリ、注意!!

詐欺も増えているようです。

特徴としては、ウォレットのパスワードだったり、秘密鍵の情報だったりを取得するそうです。
そうしたパスワードや秘密鍵の情報は絶対に渡してはいけません。
それは100%詐欺案件です。

秘密鍵についてはこちらを読んでみてください。とても重要なものです。

 

ほとほと思いますが、仮想通貨界隈の話題は既存の金融常識で考えるとわけわからなくなりますよね。
お金配るとか、投げ銭とかなに!?って思う人は思うでしょうし。
これは”お金は所詮ただのツール”と認識すれば理解できる話なのですが…。

その辺はこちらの本で詳しく書いてあります。オススメ。

資本主義に塗れた人ほど理解しにくい話なのかもしれませんが、真っ新な子供の思考で考えてみるといいかも。
ほら、僕ら(ミレニアル世代)って子供の時からパソコンやインターネット、SNSが当たり前だったでしょ?
でも実は出たばかりの当時はとても批判されていたし、人によっては今でも拒否反応を示します。
”今の常識”に縛られている人ほど拒否反応を示しやすいので、そのタガを外してみるのがコツです。

論より証拠。
とりあえず仮想通貨は買ってみることをオススメします。
おすすめはZaifでBTCやETHなどを買ってみて、BINANCEを漁ってみること(笑)
【 Zaifを登録して仮想通貨を買ってみる 】

【 BINANCEのアカウントを開設する 】

関連記事

  1. (図解)「仮想通貨」について分かりやすく解説してみた

  2. ビットコインとブロックチェーン技術を分かりやすく図解!

  3. ブロックチェーンセキュリティの根幹「電子署名」の技術

  4. 仮想通貨が分裂する!?「フォーク」ってなに?

  5. 仮想通貨に大事な「電子署名」を小学生にも分かりやすく解説!

  6. 2018年注目!分散型取引所(DEX)を使ってみよう

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ