仮想通貨に大事な「電子署名」を小学生にも分かりやすく解説!

仮想通貨のセキュリティ面を支える「電子署名」
そこで重要な役割を果たすのがこの「秘密鍵」システムで、仮想通貨のセキュリティ面を更に強化させている部分でもあります。

秘密鍵って何?
公開鍵って鍵なのに公開していいの?
アドレスって?URL?

初心者はここら辺の仕組みがよく分からなくなってしまうところなのですが、将来的に仮想通貨を取引所だけに預けておかず、自分のウォレットで管理することになった場合には必須の知識になってきます。早めに理解しておくのに越したことはありません。

馴染みがないだけであまり難しい部分ではありませんので、ご心配なく。初心者の人にも分かりやすく説明していきます。
それでは一緒に見ていきましょう。

「鍵」って?

ビットコインをはじめとした仮想通貨は中央銀行などの発行元が存在せず、中央管理者が存在しません。そしてその取引履歴も全世界に公開されており、そうしたデータを世界中のみんなで管理し合って運営しているわけですね。

しかし、この状態だけですと、どれが自分の仮想通貨なのかが分からなくなってしまいます。さらには”なりすまし”などの危険性もありますね。
そういったことを解決するのが、この「鍵」システムです。

電子署名の全体像


図は電子署名の全体像になります。
ビットコインアドレスなどの「アドレス」「公開鍵」を使用し、ハッシュ関数を通して作成されます。そして「秘密鍵」によって、署名を行います。
この署名をすることにより、

・送金したのは署名者であり、他者ではないこと
・送金の途中で、他者に署名を改竄されて書き換えられていないこと
・送金者は送金の結果を後になって否認できないこと

この3点を担保することになります。
つまり、「秘密鍵」は自分の仮想通貨というものを証明する非常に重要なものに当たるわけです。

秘密鍵

上記でも示した通り、非常に重要なもので、決して他人に知られてはいけないし、譲渡なども以ての外の大事なものが、この秘密鍵です。
その仮想通貨が自分の所有であるということを示す唯一のものになりますので、厳重に管理をしてください。
イメージ的には、キャッシュカードの暗証番号や家の金庫の鍵のようなものです。
ちなみにランダムな変数で秘密鍵は生成されるので、一人何個でも作ることができます。
この秘密鍵を使い、公開鍵が作成されます。

公開鍵

公開鍵は秘密鍵を使い、作成されます。
公開という名の通り、みんながこの鍵を見ることができますし、知られても大丈夫なものです。
この公開鍵を使い、アドレスを作成します。

アドレス

公開鍵を使い、作成されたものがこの「アドレス」です。
ビットコインで言えば、「ビットコインアドレス」ですね。
イメージ的にいうと、銀行口座の口座番号のようなもので、このアドレスを他者に教えて仮想通貨の受け取りを行います。公開鍵からいくつでも作ることができ、例え100万個でも問題はありません。

まとめ

秘密鍵・公開鍵・アドレスについて分かったでしょうか?
仮想通貨の取引を行う上で、このあたりのカラクリを知っておいて損はありません。

通常、ZaiFやbitFlyerなど取引所が管理するウェブウォレットや、アプリで管理するようなウォレットでは、秘密鍵や公開鍵について詳しく理解していなくても取引は可能です。送金に必要な秘密鍵はサイト側が管理していて、送金の際は勝手に承認してくれるという仕組みとなっていますから。
ですので、今少額を取引所に預けている人は特段問題はないでしょう。
しかし、将来的に仮想通貨の需要が大きくなった場合や、すでに100万円以上の仮想通貨取引を行なっている場合、取引所に預けておくだけではセキュリティ上不安や保証されないなどのリスクがあります。
そのリスクを避けるためには、自分独自のウォレットを作成し、そちらに保管しておくのがベストな選択と言えますので、このような知識はその時必要になってきます。

その際、今回の記事を活用してみてください。

仮想通貨を初めて買う方は手数料も安価で、積立投資もできるZaifがおすすめ!

手数料が圧倒的に安い海外取引所Binanceもおすすめ!
仮想通貨取引所 Binanceのアカウントを開設する

関連記事

  1. 仮想通貨が分裂する!?「フォーク」ってなに?

  2. 2018年注目!分散型取引所(DEX)を使ってみよう

  3. 仮想通貨のAirdropとは?仮想通貨がタダで貰える仕組み!

  4. ビットコインとブロックチェーン技術を分かりやすく図解!

  5. (図解)「仮想通貨」について分かりやすく解説してみた

  6. ブロックチェーンセキュリティの根幹「電子署名」の技術

NEW POSTS -新着記事-

アーカイブ